BLOGブログ

BLOGブログ

2020.05.22【私が終活を仕事にする理由】私たちはどのくらい死を真剣に考えているのだろうか?|アルファ終活ブログvol.013

いつも当社ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
アルファ終活サービスです。

今回は、終活カウンセラーの私、中泉(なかいずみ)が終活をお伝えする記事です。


「終活って何?」
「終活ってする意味あるの?」

そんな風に思っていませんか?



終活という言葉には「死ぬための準備」
そのようなイメージがあります。

近年、ニュースやテレビ番組でも終活を取り上げることが増えました。
終活はやっておいたほうがいいのかもしれない、でも真剣に考える機会もない。
そんな人もきっと多いはずです。

なぜ今、終活サービスなのか?
私なりにお伝えしたいことがあるのです。



▷なぜ終活という言葉は広まってきたのか?


なぜ終活という言葉や考えが広まっているのでしょうか。
その理由は、人が頭の片隅に抱いていた不安や心配ごとをまさに言い当てて、解決策を提案したからです。

「自分が死んだとき、どうなるのだろう」
「家族に迷惑をかけたくない」
「自分の死後、家族同士のトラブルになってほしくない」

自分の死後に起こる問題をあらかじめ解決しておきたい。
不安を解消するためには終活は必要だ。
そんな風にして終活は広まってきました。


 
▷終活サービスをする私のこと

私がアルファ終活サービスの中泉です。

終活カウンセラー取得
葬儀社での葬儀施行経験多数
ハウスクリーニング専門業社での豊富なクリーニングの経験有
葬儀プランの作成施工はもちろん、生前整理や遺品整理もおまかせください!


私は以前、葬儀社に勤めていました。
そこでの経験が私に多大な影響を与えました。
たくさんの方の死と直面し、お別れのお手伝いをさせていただき、同時にたくさんのご遺族とも接する機会がありました。

ご遺族に待っているのは葬儀が終わった後のたくさんの手続き、片付けに追われる日々。
他にも人が亡くなると起こる人間関係トラブル、そんなたくさんの苦労やトラブルを目にしてきました。
 
私は東日本大震災の発生後、宮城へボランティアとして赴きました。
現地では、震災の犠牲者を葬送するための棺を製作にたずさわりました。
この経験が私の人生観に及ぼした影響ははかり知れません。



「誰がいつ、どこで亡くなるかなんて誰にもわからない」

これは、私が心の底から実感したこと。
言葉にすれば当たり前のことですが、生きているとき、いつも心にとめておくべき大事なことのひとつだと思っています。



▷わたしたちは、死についてどのくらい真剣に考えているのだろうか?


命を持って生まれた私たちに死は必ず訪れます

でも、私たちは死を実生活から遠ざけて生きていませんか?
それってすごく不自然なことですよね。


でも、それも仕方なかったのかも。
だって、平均寿命は年々長くなって、長生きすることが当たり前になっている。
健康に気をつけていれば、長く生きられる気がする。
死はまだずっと先のことのように思える。
死ぬことを考えると人生がむなしくなる。
今は考えるのはやめておこう。
そうやって、死を自分から遠ざけてなるべく考えないようにしていませんか?
私たちが死を真剣に考えるのは、事件や事故、自然災害が起こった時。

「他人ごとじゃないよね?」と。
「どうしたら事件や事故に巻き込まれずにいられるだろうか?」と。

それは死の本質から逸れています。
たしかに、事件や事故、自然災害は起こってほしくありません。
大切な命が失われてほしくありません。

でも、死はいつか必ず訪れます。
いつそのときが起こるのか自分で決めることはできません。

葬儀や人の死をきっかけにトラブルや慌ただしい事柄の数々が起こります。

◇家族が路頭に迷う
◇相続でトラブル
◇葬儀費用が工面できない
◇大量の遺品に苦労する


誰にでも訪れる人生の終わりを、見て見ぬ振りしていた結果、そのようなことが本当に起こってしまうのです。

「自分にもしもの時、どうなるのだろう…」
「家族に迷惑をかけたくない」
「家族同士のトラブルになってほしくない…」

そう思いませんか?


今、景気はどんどん後退し、お金の不安が増加の一途、生活の不安が増す一方の時代です。
今まで当たり前だったことも当たり前でなくなっていく生活。
核家族化も進み、高齢になっても自分のことは自分で面倒をみなければいけない。


「こんなご時世に死後のことまで考えていられないよ!」


そんな風に考えるかたもいるかもしれません。
そんな今だからこそ、真剣に死を考えてみてほしいんです。

皆さんは、死をどのくらい真剣に考えていますか?




▷死を考えるのは誰のため?

もし、あなたが終活を考えるなら。
それはなぜでしょうか?

終活をするのは誰のためでしょうか?
死を考えるのは誰のためですか?

真剣に考えてみると、答えは実にシンプルかもしれません。

それは残された家族や周囲の人のためではありませんか?


実際、終活をするほとんどの人がそう答えています。
これには実に日本人らしい理由があるんです。

日本人には特有の美徳があると言われています。

それは「和を重んじる心」です。


自分さえよければいいというのではない和を重んじる心。
全体やまわりのことを考えられるということ。

平和、調和のように"和"という文字が使われた素敵な言葉が日本には数多くあります。

この和を重んじる心は、終活をするほとんどのかたが重視をしています。

◯家族がみんなが仲良くしてほしい
◯残された家族が幸せになってほしい
◯私の遺したものが人の役に立てば嬉しい

そのような考えを持って終活をしています。

家族のために、自分以外の人のために、自分のもしものときを考える。

すごく素敵な考えだと思いませんか?
日本で終活が広まっている理由は、そんな和の心を大切にしているからだと思います。


だからこそ私は、もうひとつ大切にしてほしいことがあります。
 
それは自分自身の死をみつめ考えることで、この生をもっともっと輝かせてほしい!」ということです。
そして、終活をしながら『今』を楽しく過ごしていただきたいのです。

お客様とともに終活をする時間を通して、もっと素敵な今をつくる。
お客様がご家族を想う素敵な心が、ご自身をもっと輝かせる。
そのような終活サービスを目指しています。

私たちに終活をご相談くださる方は皆様、とても優しくて素敵な方ばかりです。
終活に対する思いを聞いていくほどに、皆様の家族への愛情や思いが溢れ伝わり、私の胸は熱くなります。

お客様と私、終活をお手伝いする側として、人生の先輩方とお付き合いさせていただくこと。
このこと自体が、私にとって大切なことを学べる機会となっています。
この場をお借りして、皆様にお礼申し上げます。
皆様、いつも本当にありがとうございます。

これからもより良い人生を築き上げるお手伝いをできるよう誠心誠意、お手伝いさせていただきます。



▷終活をより身近なものにするために

終活は、人の持つ「和の心」その表れだと思うのです。
家族や人への優しさ、愛情、思いやり。人生の集大成がこの終活に込められると思います。

そんな終活をもっと身近にして、当たり前のことにする
言葉だけでは伝えられない人の想いや心を終活に込める。
それが私たち、アルファ終活サービスの使命です。


「終活」という言葉だけが独り歩きし、終活は自分自身で取り組むには少しハードルが高いようにも感じてはいませんか? 
葬儀、相続、遺言書…
どれも終活には欠かせないものですが、いきなりこの項目の終活に取り組まれるのはかなり大変なことだと感じています。

まずは、身の回りのお片付けや生前整理からはじめるなど、身近なことから終活をはじめてみることをおすすめしています。
生前整理や終活整理をしながら、終活について考える時間を増やしてみませんか?
そして、ひとつひとつ将来のこと考えて、不安を解決していきましょう。


中泉、終活サービスで動きます!



▷アルファ終活サービスは終活の便利屋です

アルファ終活サービスは、創業20年超の株式会社便利屋アルファとともに皆様のお困りごとを解決する会社です。



◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。



〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス


 

2020.05.19【遺品整理】【はじめてでも安心】作業の流れをご案内いたします|アルファ終活ブログvol.012

今回は、遺品整理の作業についてご案内いたします。
はじめてご遺品整理を依頼される方にわかりやすい作業の流れをご説明いたします。


▷遺品整理とは

遺品整理とは、故人様のご遺品を整理して、片付けることをいいます。
ご遺品といっても身の回り品に限りません。
故人様の所有していた衣類や、家財、形見の品。
さらには物件の解約や売却までも含めて遺品整理と言うこともあります。



▷遺品整理の実例紹介

今回は、アルファ終活サービスでお手伝いさせていただいた遺品整理の実例をもとに解説、ご紹介させていただきます。


 
当社では、作業前日にお電話にて確認のご連絡をさせていただいております。



▷作業前にお電話で確認

・日程
・作業のリクエスト(探し物、変更点の有無について)
 
今回のご遺品整理は、ご依頼者様が現場の遠方にお住まいでした。
そのような場合には、作業開始時にご足労をかけないため、住居の鍵を一時的にお預かりして作業させていただきます。

作業開始は午前9時。
近隣にお住まいのかたにご挨拶をいたします。

管理会社への連絡は、当日までに済ませておくとスムーズに作業に入ることができます。
(管理会社への連絡も当社が代行いたします)

使用車両は
2トントラック1台
軽トラック2台
スタッフ4名での対応です。

 
▷遺品整理 仕分け作業

家財を仕分け分別します。
このように種類別に仕分け作業を行います。

◯貴重品・供養品の取り扱い
貴重品は貴重品専用BOXへ。
供養をご希望されるものは供養品BOXに仕分けします。

 
◯不用品の分別作業
可燃物や不燃物、リサイクルできる素材など、それぞれ処理方法が異なります。
それぞれを袋やケースに仕分け分別します。


 
◯家具などの解体作業
テーブルや大きな家具などは解体して搬出します。
木材としてリサイクル処理されます。
買取可能な家具はそのまま搬出しています。 




◯家財家具の搬出作業
分別した家財道具・家具類をトラックに搬出し積み込みします。
建物に傷をつけないよう、気をつけて運んでいます。

 
不用品といえど、リサイクルできる大切な資源です。
ていねいに品目別に積み込んでいます。


 
◯室内清掃
天井や壁のホコリ落とし、掃除機がけ、床水拭き
バルコニーの掃き掃除、玄関まわり掃き掃除、搬出経路の掃き掃除



◯作業完了のお立ち会い 
近隣の方へ作業終了報告(お礼のご挨拶)をさせていただき、作業の終了です。
その後、お客様お立ち会い確認をしていただきます。
 
まずお客様には、貴重品類のご確認をしていただきます。
貴重品BOXに保管してある現金、通帳、印鑑、お写真、貴金属、書類関係をご確認いただき受け取っていただきます。
大切にしていたご遺品や趣味の品、お守りなどが入った供養品BOXの遺品をご確認いただきます。
 
作業完了の確認として、
▽片付け忘れは無いか
▽ホコリや気になる汚れは無いか
▽ガスの元栓を閉める、電気ブレーカーのオフ
などの確認を一緒に行います。

お部屋のカギをお客様にご返却し、全ての作業がこれで完了となります。
お預かりした供養品は後日、当社の合同供養で供養したのち適切に処理させていただきます。
供養証明書の発行もしております。


当社では、必ず作業完了確認書にてお客様の作業OKをいただくことを徹底しています。
常にお客様にご満足いただける作業をするために、お客様目線で作業をチェックしていただくためです。




▷アルファ終活サービスの遺品整理まとめ
2回にわたりご紹介してきました当社の遺品整理実例、いかがでしたでしょうか?

遺品整理をする時、こんなサービスがあったらいい。こんなことしてもらえない?など
ご意見ございましたら、ぜひお気軽にご意見をお寄せください。

ご意見ご要望はこちらまでお願いいたします。

 
アルファ終活サービスは、お客様のニーズに誠実にお応えするため、日々勉強し努力を重ね、お客様にとって価値ある遺品整理やサービスの提供を続けてまいります。



▷アルファ終活サービスは終活の便利屋です

アルファ終活サービスは、創業20年の株式会社便利屋アルファとともに困りごとを解決している会社です。


◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。



〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス


 

2020.05.15【遺品整理】ご相談から無料見積もりの流れをご案内いたします|アルファ終活ブログvol.011

今回は、遺品整理のお打ち合わせについてご案内いたします。
はじめてご遺品整理を依頼される方にもわかりやすい見積もりと打ち合わせの流れをご説明いたします。



▷遺品整理とは

遺品整理とは、故人様のご遺品を整理して、片付けることをいいます。
ご遺品といっても身の回り品に限りません。
故人様の所有していた衣類や、家財、形見の品。
さらには物件の解約や売却までも含めて遺品整理と言うこともあります。



▷遺品整理の実例紹介

今回は、アルファ終活サービスでお手伝いさせていただいた遺品整理の実例をもとに解説、ご紹介させていただきます。

【電話相談】


ご相談をいただいたのは、冬の年末に近い時期のことです。
故人様の姪にあたられる方からのご相談電話でした。
叔母様がご自宅で亡くなられ、数日前に葬儀を執り行ったばかりとのこと。
遺品整理の見積りをしてほしい、知人のご紹介で弊社にご連絡をいただきました。
電話にて概要をお伺いし、お見積もり日程のご予約をいただきました。
当社は、見積もり無料でお伺いいたします。



【現地見積もり】


現地にてお待ち合わせし、遺品整理のお見積もりお打ち合わせ。
故人様の姪にあたる佐藤様(仮名)と故人様の妹様にあたる高井様(仮名)が、現地にお立ち会いいただきました。

当社では、お見積りの前に故人様についてお話を伺うようにしています。
故人様がどのようなお人柄だったのか、どのような人生を歩まれてこられたのか。
故人様のことを少しでも知って、大切にしていたご遺品の整理をお手伝いしたいからです。

想いをもって遺品整理をお手伝いをする。
当社が強く大切にしているところです。

重要(管理会社への確認)
こちらの物件は、近日中に退去をしたいとのご希望でした。
設備品は退去時に残します。
管理会社との確認が必要です。
例えば、
エアコンの取り外しは必要か
そのほか、照明・給湯器・網戸・カーテンレール・便座など


借主の責任で撤去しなくてはならないかどうかを確認します。

こういったものは管理会社や大家さんによって、判断が異なります。
スムーズな遺品整理のために、作業前にあらかじめ確認をしておくことが大切です。


重要(ご依頼者様のご希望をお伺いする)
ご依頼者様にもご希望を丁寧に聞き取りいたします。

買取希望品
探してほしいもの
残して持ち帰りたいもの
供養したいもの
など確認させていただきます。
もちろん、貴重品が見つかった場合は安全に管理しお客様にお返ししています。



<よくある質問>
Q.遺品は供養したほうがいい?
A.遺品の供養については、ご依頼者様によって判断が異なります。供養とは片付け整理における手続きのひとつです。

◯故人様のご冥福をお祈りするために遺品供養をする。
◯ご遺族が気持ちの整理をつけるために供養をする。

遺品整理の際には、手続きのひとつとして供養をすることをおすすめしています。

何を供養したらいいのかわからない方、多いと思います。
ご依頼者様に段ボールひと箱分のご遺品を合同供養に納めさせていただく供養が、当社で大変好評いただいております。 
お気に入りのお洋服、ご趣味のお品、人形、お写真、ご自宅に残された仏壇神棚、お守りなど。
これじゃなきゃダメ!というものはございません。
お好きなものを選んでお納めください。


このような確認を経て

◯遺品整理の料金のご提示
◯作業日程のお打ち合わせ
◯ご契約

の流れで無料見積もりを進めてまいります。

佐藤様、高井様のおふたりとも、内容と料金にご納得いただき、その場でご契約いただきました。
遺品整理費用は、作業完了後のご請求となります。
無料見積もりですから、当日の料金ご請求は一切ございません。

安心してお見積もりをご依頼ください。



▷アルファ終活サービスの遺品整理

アルファ終活サービスは、お客様に安心とご満足をお届けすることを第一にサービスの提供につとめております。

◯礼儀正しい接客
◯丁寧な説明
◯親身なアドバイス

電話受付から作業完了にいたるまで、ひとつひとつ大切にお仕事に取り組んでおります。


▷アルファ終活サービスは終活の便利屋です

アルファ終活サービスは、創業20年の株式会社便利屋アルファとともに困りごとを解決している会社です。


◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。



〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス




2020.05.12【キッチン・押入れ・庭ベランダ】片付け・生前整理ワンポイントアドバイス|アルファ終活ブログvol.010

いつもありがとうございます!
アルファ終活サービスです。

皆さんとともに終活のこと、生前整理のことを考えお伝えするアルファ終活ブログ。

皆さんの生前整理や終活のきっかけになればと思います。
終活はさみしいものではなく、前向きなもの。
私たちはそんな明るい終活サービスを目指しています。




▷生活スペース別【整理ワンポイントアドバイス】キッチン

今回は、終活整理・断捨離についてのお話。
緊急事態宣言が発令されてから、お家で過ごす時間が多くなりました。
そんな今だからこそできる終活整理、ぜひやってみませんか?
 
生活スペースのもののしまい方。
まずキッチンを例にあげてみます。

皆さんは普段どのようにキッチンまわりを整理していますか?

普段づかいの物が出しやすい場所にしまってある

きっと多くの方は、日常の家事がやりやすいようにしまってあることでしょう。
では、その奥にあるものや高い場所にある棚はどうでしょうか?

◇いつか必要と数年眠ったままのもの
◇未使用未開封の食器や調理器具
◇大量にストックしている割り箸など



このような普段使っていないものを、改めて整理整頓してみましょう。
整理整頓のポイントは次のような基準を参考にしてみてください。

<ワンポイントアドバイス>
◇ここ2年間で使ったかどうか、使っていなければ思い切って処分する
◇同じようなものが複数あればひとつだけ残して残りは処分する
◇災害時の非常用品としてのストックなら専用のケースにまとめる

キッチンは毎日使う場所。
日常の使いやすさと必要なストックの整理を上手に両立させていきましょう!


【整理ワンポイントアドバイス】タンス押し入れ

つづいてタンスや押し入れについて。
 
押し入れや収納、タンス、衣装ケースに数年間まったく使用していないものは眠ったままになっていませんか?
たとえば
布団や洋服、人形、アルバムなどの思い出品、ミシンやストーブなどの家事道具


しまったままのものは普段目につかないので、整理整頓するきっかけがないですよね?
時間のとりやすい今だからこそ、思いきって、がんばって、不要なものは処分してみませんか?

思い出の写真、たくさんのアルバム、捨てられないですよね。
これを気に整理し、残しておきたいお写真のデジタル化、データ化もおすすめです。

<ワンポイントアドバイス>
◇しまえるからしまうのではなく、いざという時に出しやすい収納を心がけましょう!
◇めいっぱいにしまった押し入れはカビや害虫発生の原因になります
◇写真やビデオをデジタル化整理、大切なものは供養して処分しましょう



▷【整理ワンポイントアドバイス】庭、ベランダ
 
お庭やベランダ、物置もみてみましょう。
 
使用していない自転車、ブロック、植木鉢…
DIYで使っていた道具や端材など。
経年劣化や紫外線の影響でボロボロに朽ちているものもありませんか?

 
<ワンポイントアドバイス>
◇外回りは物置き場にせず、見栄えを大事にしましょう
◇自然災害でトラブルの起きにくい庭まわりを意識しましょう
◇ベランダから物が落下事故などに注意をしましょう



▷アルファ終活サービスは皆様の生前整理、終活整理を応援します!

この機会に、丁寧に選別、処分、お掃除をしてみませんか?
普段使わない場所だからこそ、意外と埃や汚れが溜まっているものです。
今だからこそ、キレイにし、衛生環境を整えていただくこともおすすめします。
 
アルファ終活サービスは、
なかなか一人では片付けられない、進まない。
そんな方のお手伝いをしております。
 
お気軽にご相談下さい!出張お見積り無料です。
 
【アルファ終活サービスのおすすめ片付け整理プラン】

★ゆっくり終活整理 8,000円(税抜)
当社スタッフが片付けのお手伝いをいたします
専用箱(70×50×30㎝)に必要でなくなったものを入れ、お引取りいたします
処分に困るもの(人形、置物、ご遺品、遺影写真、写真、携帯電話、パソコンなど)
などの処分にもご利用いただけます。

 
★軽トラック積み放題 50,000円(税抜)
大きくて重くて動かせない、仕分けが面倒、処分方法がわからない。
そんな不用品処分もすべておまかせください!
リサイクル家電、大型家具なんでもOK(一部を除く)
作業代、車両代、リサイクル処理費すべてコミコミで承ります!
 



★供養
毎月1回、当社主催の合同供養を執り行っております。
人形、仏壇、遺影など、手放しにくいものも供養して処理するので安心です。
 



▷アルファ終活サービスは終活の便利屋です

アルファ終活サービスは、創業20年の株式会社便利屋アルファとともに困りごとを解決している会社です。

◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。



〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス

2020.05.08【家財運搬・不用品処分・退去清掃】高齢者施設へのご入居もアルファ終活サービスが解決いたします|アルファ終活ブログvol.009

いつもありがとうございます!
アルファ終活サービスです。

皆さんとともに終活のこと、生前整理のことを考えお伝えするアルファ終活ブログ。

皆さんの生前整理や終活のきっかけになればと思います。
終活はさみしいものではなく、前向きなもの。
私たちはそんな明るい終活サービスを目指しています。




アルファ終活サービスは
高齢者施設へのお引越しでもご利用いただけます。

今回は
施設への入居
そしてご自宅の片付け事例についてご紹介いたします。


▷高齢者施設へのご入居に際してご相談

一本のご相談電話が入りました。
女性のお客様です。

ご相談者の中野様(仮名)のお母さまは、現在賃貸マンションにお一人暮らし。
月末までにマンションを引き払い、施設へ入居されるとのこと。
その準備に伴い、片付けと施設までのお荷物運搬、退去前清掃のご相談でした。
 
後日、日程を合わせていただき、お見積もりと日程のお打ち合わせをしました。

お母さまは軽度の認知症とのことで、お母様のご意思を汲んでお嬢様である中野様からご希望を丁寧にお伺いいたしました。



▷ご依頼いただいた作業内容

ご依頼いただいた作業は次の通りです。
1.日用品、貴重品、衣類、小タンス1点、テレビを高齢者施設へ運搬。
2.その他のお品物は、丁寧に仕分けをしながらの片付け、貴重品の捜索、不用品の処分。
3.片付け後に水まわり、窓ガラス、床のお掃除。
 

【1日目】
施設にご入居されるにあたり、必要なお荷物の運搬をさせていただきました。
 
管理人様、近隣へのご挨拶(お客様に確認済み)
玄関、エレベーターを傷付けないため、養生作業
運搬品の埃落とし、梱包、搬出
トラック積み込み作業
指定時間に施設への運搬
施設職員様へご挨拶
お部屋でのセッティング作業
お掃除
運搬作業完了


 
【2日目】
残っている家財などのお片付け。
 
玄関、エレベーターを傷付けないため、養生作業
分別、仕分け作業貴重品や貴金属、重要書類のとりまとめ
指定段ボール保管。
搬出作業
お部屋の埃落とし、簡易清掃
不用品回収作業、貴重品捜索作業完了

 

【3日目】
キッチンまわり、浴室、洗面所、お手洗い、窓ガラス、床拭き上げ清掃
二次汚れを防ぐため、しっかり養生
各所洗浄
退去前清掃完了
 
お客様完了確認、貴重品や貴金属、重要書類などの確認


 
運搬、不用品の処分、清掃とそれぞれの業者に依頼する手間もなく、一連で担当のスタッフが作業してくれて、手間も取らず、とても助かりました。
とおっしゃっていただけました。

私たちは、誠実に親身にお客様の要望にお応えしてまいります。 
引越しだけをする、不用品の処分だけをする、清掃だけをする会社ではありません。
お客様の望むサービスを精一杯お手伝いさせていただくのが終活の便利屋、アルファ終活サービスです。
 

▽アルファ終活サービスは終活の便利屋です

アルファ終活サービスは、創業20年の株式会社便利屋アルファとともに困りごとを解決している会社です。

◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。



〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス


CONTACT『ご家族に迷惑をかけたくない…』
その優しいお気持ちに寄り添い、サポートします。
終活に関わることなら、アルファ終活サービスにご相談ください。

受付時間 9:00~18:00
土曜・日曜・祝日の相談も承っております。