BLOGブログ

BLOGブログ

2020.04.10【終活を考える】終活で人生を今よりもっと豊かにしてみませんか?|アルファ終活ブログvol.001

▽終活とは?
終活(しゅうかつ)
「人生の終わりのための活動」の略。人間が自らの死を意識して、人生の最期を迎えるための様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉である。
wikipediaより


▽死を意識させる現代社会
皆さんは
終活に関心をお持ちですか?
終活をしたいと思いますか?

ここ数年の間に、終活というワードは広く世間に浸透してきました。
その理由は生活の中で死を意識することが増えているから。
核家族化や宗教離れ、お墓離れが加速する文化において、日常から死が遠い存在になっているといわれもする今の社会ですが、死を意識する機会は少ないわけではありません。

頻発する大きな災害によってたくさんの尊い命が失われています。
いつどこで起こるのかわからない自然災害。
大きな自然災害の体験は、死を想起させるインパクトがあります。

超高齢化で高齢者比率が高まり、相対的に増えていく葬儀件数。
高齢者がマジョリティの社会では、必然的に高齢者にとって情報価値のある「終活」「人生の終い方」など、死に関連した話題が増えるのは当然です。

この社会で終活という言葉が作られ広まることはごく自然な成り行きです。
これからますます終活は広まることでしょう。



▽終活はこれからもっと身近なものになる
もしもの時のために今できることをやっておく。
それが終活における基本的な考えです。

終活をはじめるきっかけは人によって様々あります。
ご自身が大病を患った
家族の死を経験した
人生を通じて死を考えさせられた

終活をはじめた人に共通する終活のきっかけは、死を身近に感じる経験をしたこと。
身近に死を経験した人の多くは、死への恐怖が強まるよりむしろ、死後に起こるトラブルを避けたいと考えたり、今をどう生きるかをより深く考えるようになります。
なぜなら、今まで知らなかった死後に起こるトラブルを目の当たりにしたり、死を通して人生とは何かを考えさせられるからです。

終活をはじめてみると、はじめは事前準備が目的であった終活も、それがすべてとは思わないようです。
終活経験者の多くは、「終活は人生そのものだ」という考えや、「終活をすることで人生の価値が高まる」という考えを持つにいたり、生涯通じて終活を実践する人もいます。

日常的に死を意識し続けることのように、常に何かの不安と向き合い続けることはやはりストレスです。
終活も死と向き合い続けるだけなら、不安で苦しいものになります。
しかし終活とは、人生の価値を高めることや生きがいを感じ人生を豊かにすることにこそ本質があります。

ですから多くの終活実践者は、終活を肯定的にとらえ、人にすすめることさえあります。
最初にイメージされる終活とは「死を考えること」と真逆の「今を幸せに生きること」と理解できると終活は人の日常に溶け込み、身近なものになっていくのです。

終活は、不安解消や自己肯定、幸福感に影響を及ぼし、メンタルヘルスケアになるとも思っています。
今や世界的に認知されている瞑想や座禅のように、思考整理・メンタルケアのひとつとして終活が世界中で価値を高めていくとも思います。
そうなれば終活はもっと身近で肯定的なものになっていくでしょう。

こうしたブログや様々な情報を見聞きして、終活にもっと関心をもっていただけたら嬉しく思います。



▽アルファ終活サービスは終活の便利屋です
アルファ終活サービスは、
創業20年を超えた便利屋アルファをもとにつくられた終活の便利屋です。

〇終活に興味関心があるけどまだやったことがない
〇終活をはじめたいけど何からやればいいかわからない
〇終活のことをもっと知りたい

そんな方はぜひアルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ケ崎1220

受付時間:年中無休9:00~18:00
出張相談・個別相談無料で対応いたします

メールでのご相談はこちらからお願いいたします


~終活のお困りごと解決します~
株式会社アルファ終活サービス








CONTACT『ご家族に迷惑をかけたくない…』
その優しいお気持ちに寄り添い、サポートします。
終活に関わることなら、アルファ終活サービスにご相談ください。

受付時間 9:00~18:00
土曜・日曜・祝日の相談も承っております。