BLOGブログ

BLOGブログ

2020.10.28【終活しない生き方】今を生きればそれでいい|アルファ終活ブログvol.033

【終活しない生き方】今を生きればそれでいい|アルファ終活ブログvol.033

アルファ終活ブログ終活しない生き方



▷終活はしなくても大丈夫?



「終活をしましょう」
葬儀業界など、終活に関わる業種ではこのようなPRをしています。

終活ブームは、これからもっと加速していくのでしょうか?

・やっぱり終活はしておかないといけないの?
・たいした財産がないから終活なんて必要ないよね?
・終活したらあの世が近くなってしまう!?

終活ってしておかないといけないもの?

色んな人が色んな考えをもつのが終活。

私たちも”株式会社アルファ終活サービス”という社名の通り、終活をお手伝いする会社です。
そんな私たちがお伝えしたいことは、絶対に終活をすべき!ということではありません。

終活という言葉は、業界が作ってきたもの。
巷でPRしている”いわゆる終活”は絶対やるべきだとは思っていません。
それが私たちアルファ終活サービスの考えです。


・葬儀プラン決め
・遺言の作成
・財産整理
様々な終活テーマがあります。

しかし実際は、多くの人にとって、そんなことどうでもいいというのが本音ではないでしょうか?
・葬儀は家族葬でいい
・相続するほどの財産もない
・死ぬ時にお金は残らない

そんな方が大半を占めているはずです。

それでも、高所得層、多額の財産をもつ方は、財産整理や遺言作成はします。
もうすでに専門家と相談していることでしょう。

普通の人にとって、上に挙げたような終活は必要ないのではないか。
私たちもそう思います。



▷終活はこんな時代だから生まれた考え方

こんな時代だから終活

終活が広まってきた背景には、今の時代が関係しています。

核家族化、高齢化社会、希薄な人間関係。
このような要因が、家族や家系血筋を重視した人生観から、個人の人生を大切にする人生観に変え、家族親族間のコミュニケーション不足などと相まって死後のトラブルが多発しています。

そうしたトラブルを防ぐためには、終活をすることだと言われています。

終活の目的は
・個人の意思をはっきりとさせておくこと
これにつきます。

終活の目的は個人の意思をはっきりさせておくこと


葬儀プランや相談を人任せにせず、自分で決めて思いを残しておくこと。

それがいわゆる終活です。

ならばコミュニケーションをしっかりとって、親族家族仲の良い家庭であれば終活は必要ないのでしょう。


たしかにその通りです!
終活は、トラブルが予見される方にぜひやっておいてほしいことなのです。



▷じゃあ、アルファ終活サービスの終活って?

そうした現状をふまえて、私たちアルファ終活サービスの終活についてお伝えさせてください。


私たちは、これまで業界が提案してきた終活とは一線を画す終活です。
私たちの終活テーマは、”明るく楽しく前向きに”です。

終活は明るく楽しく前向きに


今、生きている自分がこれからもっと楽しく生きていくための終活を提案しています。
たとえるなら、大人の断捨離・大掃除、人生の模様替え

・若者にはまだわからない、大人になったからこその人生観

・これまでの人生を振り返って今思うこと
・これからチャレンジしたいこと
・今のうちにやっておきたいこと
・今一度、人生を作り直したい
など

大人の人生見直しをお手伝いするのが私たちアルファ終活サービスの役目です。

終活という言葉には、残りの寿命や人生を想像して今のうちにやりたいことをやる。
そんなイメージもあります。
そうした終活のポジティブな部分をすくいあげ、今をもっと輝かせるためのお手伝いをする。
それがアルファ終活サービスです。

たとえば、
片付けや整理
・家の中の断捨離
・生前整理
・相続した物件の売却や片付け
今もっているものを手放す、整理することで重荷をスッと軽くします。

片付けや整理をする終活



家事や困りごとの代行
・庭の手入れ
・家事手伝い
・様々な代行

終活で家事や困りごとの代行



大人になって苦労している生活の困りごとを解決して日々を楽しくするお手伝いができます。
調査や情報収集、特別な代行
・浮気調査
・離婚相談
・会いたい人探し
・願いを叶えるお手伝い
誰にも相談できないけど、今こそやっておきたいことを私たちが解決します。

終活で浮気調査や離婚相談

誰にも相談できないけど今こそやっておきたいこと


今を生きればそれでいい。
終活で死後のことを考えることも大切かもしれないけれど、今が幸せであることがまず第一です。

大人になった皆様の人生に寄り添う終活サービスをお届けすることが私たちアルファ終活サービスの役目です。

大人の人生に寄り添った私たちにしかできない終活サービス

これからの人生に色んな思いをもっている。
そんな方はぜひ一度私たちにご相談ください。
きっとお役に立てるはずです。

皆様の幸せな人生をつくるお手伝い。

私たちアルファ終活サービスにおまかせください。

終活のお困りごとや願いごとはアルファ終活サービスにおまかせください

2020.10.23【終活のきっかけ】どんな時に終活を考えますか?|アルファ終活ブログvol.032

【終活のきっかけ】どんな時に終活を考えますか?|アルファ終活ブログvol.032

どんな時に終活を考えますか?


終活とは、人生の終わりを考えて身の回りの整理整頓や死後の準備を整えておくこと。
人はどのような時、終活を考えるのでしょうか?



▷終活を考えるきっかけと終活を考える理由


終活を考えるきっかけと理由

終活を考えるきっかけは?

・自身が大病を患ったから
・身内が亡くなった時に苦労したから
・人生の転機があったから

終活を考えるきっかけ自身が大病を患ったから身内が亡くなった時に苦労したから人生の転機があったから

こうした時に終活を考える人は多くいらっしゃいます。

また、自然災害や著名人の逝去、事故や事件などの報道にふれた時、その報道を自身に置き換えて考えることもあるかもしれません。
そうした時にも終活を意識することがあります。

終活とは、人生の終わりを考えて身の回りの整理整頓や死後の準備を整えておくこと。
という定義を説明するのは、都合上。

もともとは、死後や葬儀後の相続で起こる争いを防ぐことが終活の目的でした。

葬儀業界では、葬儀事前相談を受付することによる顧客の囲い込みのために終活セミナーを主催するなどして、終活という言葉を活用し広めてきました。
そうした終活もたしかに大切です。

しかし今、終活という言葉が広まっている理由、終活を考える人が増えている理由は、そうした相続などとは別にあります。




▷終活は大掃除や断捨離と同じようなもの


終活は大掃除や断捨離と同じようなもの

終活を考える人が増えている理由は「より良く生きたい」と考える人が増えているからではないでしょうか?


より良くとは、今より幸せを感じたり、不安を少なくすること。
つまり、人生の改善。

そう考えると、終活は大掃除や断捨離と同じようなものと考えたほうがわかりやすいかもしれません。

それなりに歳を重ねると老化現象を感じます。そんな時にふと、この先自分はどう老いていくのだろうかと考えることもあります。

心や体の変化に合わせて自分の生き方にも変化をつける。

私たちアルファ終活サービスは、そうしたシニアの生活改善も終活と考えています。



▷アルファ終活サービスの「終活サービス」

アルファ終活サービスの終活サービス

アルファ終活サービスは、大人(シニア)の大掃除や断捨離も終活の一環としています。

ですから

住み替えの片付け、空き家の片付け、施設への入居のお手伝いも終活です。
また、人間関係の清算、過去の清算も得意なことが私たちの特徴です。
夫婦関係の悩みや婚姻関係の問題解決も、終活と考えて、今のうちに解決してより良く生きる。
そうしたゴールを依頼者と共有して問題解決をします。


また、今の生活に不便があれば困りごとを解決するのもより良く生きるため。
人生にはいつか終わりが来るから、今を幸せに生きたいと思う皆様の願望を叶えるお手伝いもします。

終活という言葉は、人によって色んなイメージがあってよいものです。
あなたに合った終活をすることが大切です。

残りの人生をより良く生きるために、変化をつけることが終活。

日々の生活にも、人生の時間は有限という意識を持つことで、今まで何気なく過ごしていた時間も大切に感じることができるようになります。
そんな価値をみなさんと共有できたらと思って、大人の皆様に喜んでいただけるサービスを提供しています。

これからもアルファ終活サービスをよろしくお願いいたします。

アルファ終活サービスにおまかせください

2020.10.14長年連れ添った夫婦だからこそ、コミュニケーションを大切に|アルファ終活ブログvol.031

夫婦の終活コミュニケーションを大切に

アルファ終活サービスは、終活カウンセラーが皆様の終活のご相談に対応いたします。

今回のアルファ終活ブログ
テーマは、”コミュニケーションを大切にしよう!”です。

スマートフォンの普及で、インターネットを利用したコミュニケーションが増えています。
メールもLINEなどによって、より簡単に楽しいやり取りができるようになりました。
便利になった一方で、家にいてもスマートフォンでのコミュニケーションはするけれど、面と向かってコミュニケーションを取る機会が減っていると感じるかたもいるのではないでしょうか?

終活カウンセラーとしてお伝えしたいのは、面と向かってのコミュニケーションを大切にしてほしいということです。



▷長年連れ添ったご夫婦に起きた困りごと

長年連れ添ったご夫婦に起きた困りごと


長年連れ添ってきたとあるご夫婦の事例を紹介します。

ある日突然、急な病で奥様が入院をしてしまいました。

これまでの夫婦生活、家事を全て奥様に任せっきりだったご主人。
家のどこに何があるのか、まったくわからずに日常生活が立ち行かず、大変困った状況になりました。

こうしたことは、とても多く起こることです。
・現金や通帳印鑑の場所もわからない
・醤油などの調味料、洗剤の場所もわからない
・大切なものがどこにしまってあるのかわからない

どこになにがあるかわからない

些細なことも何もかも、全て奥様に任せきり。
これは昭和生まれのご主人あるあるではないでしょうか?

もっと家のこと手伝っておくべきだった!と後悔の念がうまれるのもこうした時です。

では、こうした困りごとが起こる原因とは?


それはコミュニケーション不足だからです。


自分が言わなくてもやってもらえる。
当たり前のことだから、わざわざコミュニケーションをとる必要もない。
長年連れ添ってきたからこその夫婦関係。
コミュニケーションが少なくなっているのも無理はありません。



▷ご夫婦の困りごと発生を未然に防ぐために

夫婦の困りごとを未然に防ぐために

それ、うちのこと!と思い当たる方、今すぐに始めてほしいことがあります。
それは”コミュニケーション”


これまでの生活、夫婦でいることが当たり前すぎて、コミュニケーションが少なくなっていませんでしたか?

まずは、日頃家事を全てやってくれている奥様に感謝を!
”ありがとう”を伝えることからはじめましょう。

ありがとうを伝えよう

恥ずかしいと思わず、素直な気持ちで伝えましょう。

醤油をとってくれたら”ありがとう”
爪切りをだしてもらったら”ありがとう”

どんな時でも”ありがとう”を伝える習慣が大切です。

感謝の言葉で、”自分は醤油の場所もわからないのか!?”とハッと気付いたりするものです。
それ以降はもちろん、自分から率先して醤油をとりにいきましょう(笑)

自分でできることは、なるべく自分でやる。
そんな生活習慣に変えていくきっかけにもなるかもしれません。

自分のことを自分でやるようになると、”このほうが使いやすいよな”と改善点に気付くこともあります。
しかし!だからといって奥様のルールを勝手に壊してはいけません。
男性にありがちな失敗はここです。

こんな時にも”コミュニケーション”を大切にしましょう!

”ありがとう”の次に大切なことは、”話を聞くこと”です。



▷話すより聞くことに重点を置いたコミュニケーションを

話すより聞くことに重点を置いたコミュニケーションを


”コミュニケーションを大切に!”と言われると、どうしても話すことを意識してしまいがちです。
しかし、良いコミュニケーションが成り立つのは聞く人がいるから。

聞く人がいなければ、ただの独り言。
コミュニケーションではありません。

これまで、奥様の言葉を片耳でなんとなく聞いていませんでしたか?
耳だけを向けて聞いてあげるなんて、傲慢な態度は絶対ダメです。
心をもって話を聞く姿勢をもちましょう。

良いコミュニケーションは、聞く側と話す側のバランスが大事。
話すよりも聞くことに重点を置いてコミュニケーションをとることを意識してくださいね。



▷まとめ

今回はご主人が一人で生活することになった時の困りごとを例に挙げましたが、長く生きていればどんなことが起きてもおかしくはないもの。
いつか伝えようと思っていた感謝の気持ちも、今すぐに伝えてみてください。

何か特別なことがなくても感謝を伝える習慣と、相手の話をよく聞く姿勢は、いつも大切にしておきたいものです。

アルファ終活サービスでは、ご夫婦ではじめる終活も親切丁寧に対応いたします。

生前整理や思い出整理の時間が、コミュニケーションを増やすきっかけにもなるケースもたくさんあります。
コミュニケーション不足を感じていたら、ぜひ片付けや整理をしてみてはいかがでしょうか?

ご夫婦の終活はアルフ終活サービスにお任せください

2020.10.06終活カウンセラーが教える優しい終活|どんな順番で終活を進める?|アルファ終活ブログvol.030

どんな順番で終活をすすめる?


終活とは、

人生の終わりに向けて自分の身の回りを整理整頓しておくこと。

家族に迷惑をかけないために、自分の意思を明確にしておくこと。

人生を長く楽しむために、身辺をスッキリとさせておくこと。




アルファ終活サービスは、”気軽に、楽しく、丁寧に” をモットーに、皆様の終活をお手伝いしています。

○終活をはじめたい

○終活に関心がある

○終活のことを知りたい


皆様が安心して相談できる、そして終活のお悩みを丁寧に解決する。

私たちは、皆様にご満足いただける終活関連のお困りごと解決会社です。


そんなアルファ終活サービスのアルファ終活ブログも今回で30回。

今回は、終活で最初に何をやるべきか?そしてどんな順番で終活を進めていくといいのか?についてのお話です。

終活ビギナーがつまずきやすくて、あきらめてしまいがちな、終活をはじめたばかりのタイミング。

終活をやろうとはじめてみたけれど、遺言作成、お墓探し、葬儀プラン選びなど、どれも手続きが面倒な感じで結局やらずにそのまま。

そんな方も多いと聞きます。


そんな時に役立つアルファ終活ブログに目を通して、あらためて終活のこと考えてみませんか?

他では読めない皆様にとって役立つ終活のこと、お届けいたします!



▷ 終活、どんなことからはじめるとよいのでしょうか?

終活どんなことからはじめればいいの?

終活でやることといえば

○生前整理

○葬儀プランを決める

○墓地探し

○遺言作成

○財産相続のこと

これらは多くのかたが終活でやっておきたいと思うことです。

しかし、思った通りに進められないといった悩みがおきやすいのも終活の特徴です。

たとえば、

「葬儀プランを決めようと葬儀社に相談してみたけれど、なんとなく説明を聞いただけでプランが決まらなかった」

「お墓を見に行ったけれど、比較検討してもどれがよいのか判断がつかず決められなかった」

こうしたお話もよく耳にします。


終活がスムーズにすすまないときは、時間をおいてからもう一度考えるという方法もありますが、そんな時に試していただきたい方法をご紹介します。



▷ 終活が進まないときにやってみてほしいこと

終活が進まない時におすすめする3つのこと

 アルファ終活サービスがおすすめする、終活が進まないときにやってみてほしいこと。



○旅行に行く

旅行に行く

旅行は、いつもと違った日常に身を置く行動です。

これによって、日常や自分のこれまでの人生を俯瞰的にみることができることがあります。

今まで自分がどんな人生を歩んできたのか。

これからどんな人生を歩んでいくのか。

旅行に心をリフレッシュし、癒されながら、これからのことを考えるきっかけになることがあります。

終活のことを考えても心定まらない時は、今の人生を見つめ直す時間を持つこと。

そうすることで、この先の未来もしっかり見据えることができるようになるでしょう。


○写真を整理してみる

写真を整理してみる

これも人生の振り返りになります。

新型コロナウイルスで外出を控えている人は、旅行ではなく思い出整理をすることで人生の振り返りをすることができます。

写真を見返して、自分のお気に入りの写真を新しいアルバムに差し替えてまとめてみることは案外楽しいものです。

整理することで、あんなことがあったな。そういえばこんな時もあったなと、自分が忘れていた過去を思い出すはずです。

整理するものは、写真だけに限らず押入れの荷物を片付けるのも良いでしょう。

思い出を整理することが、過去を思い出してこれからを考えるきっかけになるものです。


○日記を書いてみる

日記を書いてみる

日記を書いてみることは、前回のブログでもご紹介しました。

日記を書く習慣をもっている人は少なく、大人になってから書いてみると、自分の思考癖や考えが見えて楽しいものです。

最初のうちは、これからどうしていきたいかとか、todoリストを書くだけでも良いでしょう。

毎日でなくとも週に何回か静かに過ごせる時間を利用して、日記を書き、人生を整理整頓するようなイメージをもってみましょう。

少しずつ自分の考えが見えてくるはずです。



▷ 終活は楽しみながら進めていきましょう!

終活は楽しみながらすすめましょう

そして、まずは自分の人生を自分で整理する。

そういった準備をすることは、大人として素敵なことだと思いませんか?

これからも素敵な大人として生きること。

終活で人生の選択をしながら、毎日をより良く生きること。

ぜひ習慣にしていきましょう。

終活は悲しいものではなく、楽しんで実践するものです。

困ったときはアルファ終活サービスにご相談ください。

楽しく終活をするお手伝いいたします。


終活の困りごとはアルファ終活サービスにご相談ください

CONTACT『ご家族に迷惑をかけたくない…』
その優しいお気持ちに寄り添い、サポートします。
終活に関わることなら、アルファ終活サービスにご相談ください。

受付時間 24時間年中無休
土曜・日曜・祝日の相談も承っております。