BLOGブログ

BLOGブログ

2020.07.17【実家の終活】相続で困らないためにやっておくべき実家の片付け|アルファ終活ブログvol.021



▷空き家が増加傾向

今、全国で空き家が急増しています。
新築戸建てやマンションの建設は止まらないまま、日本の人口は減少の一途。
全国の空き家率は13.6%と右肩上がりに推移しています。

そうなると心配なのは、実家のこと。
今は両親が住んでいる実家も、いずれ住む人のいない空き家になってしまうのはほぼ間違いない。
その時、実家はどうなってしまうのだろうか?


将来必ず起こるであろう実家の空き家問題。
今のうちに解決しておきませんか?



▷売りたくても売れない時代に

空き家が増えているということは、いざ実家を売りたいと思っても、売れるかどうかわからないということ。

相続した実家を手放すとしても、買い手が見つからなければいつまでも固定資産税を払い続けなければなりません。

運良く買い手が見つかったとしても、条件が折り合わず納得のいく売却にならなかったということもあり得ます。
この先、実家が空き家になることを見据えて、手放す時に困らないためにも今からできる準備はどんなことなのでしょうか?



▷いずれ手放すなら今から準備を


実家を相続したあとに売却するときに、
売却がスムーズに進む条件とは?
どんなことを準備しておけば良いのでしょうか?

1. 家具や家財を片付けておく
当然のことながら、家を買う側の気持ちとしては、家以外の余計なものは引き受けたくありません。
高級家具や最新家電であるならまだしも、使い古された家具や家財は売り手の責任で片付けて欲しいと思うのが一般的です。
タイミングよく買い手が見つかったときにスムーズに売買契約が進んでいくよう、家の内外にある家財は早めに片付けておきましょう。


2. ハウスクリーニングをしておく
家の見た目が綺麗だと印象よく映るものです。
買い手の購入意欲が下がらないよう、ハウスクリーニング業者に専門的なクリーニングをしてもらうなどして、家の見た目を綺麗にしておきましょう。



3. 近隣とのお付き合いを大切にしておく
家を売るときに買い手の有力候補は、実は”隣人”です。
隣の土地を買えば繋げて広い土地として所有することができます。

いざ売却というときに、買い叩かれて安売りになってしまった...。
そんなことを回避できるよう、近隣との関係は良好にしておきたいものです。

良好な人間関係の基本はやはり挨拶と生活マナー。
顔をみたら挨拶をする。
自宅周りはマメに掃除して迷惑がかからないようにする。
庭木はマメに手入れしておく。
そんなことも大切ですね。



▷いざというときに困らない実家の片付けを

いざというとき困らないよう実家の片付けをしておくこと。
これからの空き家増加時代において大切な準備のひとつです。

家を売買するとき、以前どんな人が住んでいたのか?
そんなことも購入決定を左右する重要なファクターになります。

資産としての実家を将来スムーズに手放したいのなら、実家の片付けをしておくこと。
こまめに手入れをしておくこと。

いつも忘れないでおきたいものですね。



▷アルファ終活サービスにおまかせください


◯終活に興味関心があるけれどまだやったことがない
◯終活をはじめたいけど何からやればいいのかわからない
◯終活のことをもっと知りたい

そんなかたはぜひ、アルファ終活サービスにご相談ください。
親身に丁寧に終活のことお手伝いいたします。


埼玉県さいたま市見沼区丸ヶ崎1220


受付時間:年中無休9:00〜18:00
出張相談・個別相談無料で対応しています。


メールでのご相談はこちらからお願いいたします。


LINEからもご相談できます!↓↓


〜終活のお困りごと解決します〜
株式会社アルファ終活サービス














CONTACT『ご家族に迷惑をかけたくない…』
その優しいお気持ちに寄り添い、サポートします。
終活に関わることなら、アルファ終活サービスにご相談ください。

受付時間 24時間年中無休
土曜・日曜・祝日の相談も承っております。